初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 交通ルール > スピード違反の罰金と点数

スピード違反の罰金と点数

交通違反で最も多くを占めるのが、速度超過(スピード違反)です。スピード違反をした場合、その場所(一般道か高速道路か)や超過速度によって、課せられる罰金や違反点数が異なります。道路交通法により定められている、スピード違反の点数と罰金が、以下の表です。

超過速度 違反点数 罰金
通常 酒気帯び 大型車 普通車 二輪車 原付車
15km未満 1 14 12000円 9000円 7000円 6000円
15km以上20km未満 1 14 15000円 12000円 9000円 7000円
20km以上25km未満 2 14 20000円 15000円 12000円 10000円
25km以上30km未満 3 15 25000円 18000円 15000円 12000円
高速道路:30km以上35km未満 3 15 30000円 25000円 20000円 15000円
高速道路:35km以上40km未満 3 15 40000円 35000円 30000円 20000円
高速道路:40km以上50km未満 6 16 免停 〃 
一般道:30km以上50km未満 6 16 免停
50km以上 12 19 免停

違反点数が6点以上になる場合、罰金では済まず免停になります⇒免停になる条件

スピード違反といっても、当然ながら超過速度が大きいほど、違反点数や罰金も増加することになります。40km以上のスピード違反は、一回で免停(前歴によっては免許取消し)となりますので、必ず法定速度を厳守して走行しましょう。また、原付車のような小型の車両は罰金が比較的安く、大型になるほど金額は増加してしまいます。

これほど罰則が厳しい理由は、衝撃力と速度の関係上、衝撃力はスピードの2乗に比例して大きくなるからです。つまり、速度が2倍になれば、衝撃力は4倍になるのです。当たり前の話ですが、スピードが速い時ほど、事故を起こした場合の被害(死亡率)は大きいです。

また、超過速度が同じであっても、通常時と飲酒運転では違反点数に大きな違いがあります。以前は、飲酒や酒気帯び運転に関する処罰が甘く、お酒を飲んだ後でも平気で運転する人が後を立ちませんでした。ですが、2006年8月に福岡県で起きた幼児3人が死亡した飲酒運転事故などをきっかけに、飲酒運転の厳罰化を求める声が相次ぎました。

そういった世論もあって、2009年6月1日に道路交通法が改正され、飲酒運転の処罰がかなり厳しくなりました。飲酒運転でのスピード違反は、最も小さい「15キロ未満の超過」でも違反点数は14点と、免停どころか「免許取消」寸前の重い罰則となりました(前科無しでも15点で免許取消。詳しくは免停になる条件へ)。そのおかげで、近年の飲酒・酒気帯び運転の件数は減少傾向にあるようです。スピード違反はもちろんダメですが、飲酒運転は絶対に厳禁です。

車と人との交通事故は安全な速度でも起きている!

スピード違反をしないように心がけるのは大事なことですが、法定速度を守っていれば必ずしも安心であるかというと、そうではありません。実は人身事故の約90%が、時速40km以下で発生しているというデータがあります。更に言うと、約60%が時速20km以下のスピードのようです。

関連ページ;車のスピードメーターが違反速度(180キロ)まで備わる理由

ゆっくりした速度だと、運転者はつい気が緩んでしまうということなのでしょう。また、歩行者側の注意もおろそかになってしまう微妙な速度でもあるのでしょう。ですから運転の際は、スピードを出している時(事故の被害が大きい)も、出していない時(事故発生率が高い)も、充分に気をつけなければいけないということです。

しかし、おそらくこのデータは、事故を起こした運転手から事情を聞いて作成されたものだと思います。その場合、運転手は自分の非をできるだけ少なくしたいと考えるでしょう。ですから、実際はかなりのスピードを出していた場合でも、ゆっくりと走っていたと答えるのではないでしょうか?正直なところ、このデータの信憑性には疑問が付きますね。

いずれにせよ、スピード違反を起こさないよう、日頃から余裕を持って運転すべきです。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【交通ルールメニュー】 免停になる条件〜違反行為と点数 一時停止の違反点数と罰金 転回禁止の違反点数と罰金 追い越し禁止の違反点数と罰金 進入禁止の違反点数と罰金 駐車禁止(駐車違反)の点数と罰金 スピード違反の罰金と点数 交通事故時の起訴・裁判の判断基準 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.