初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 交通ルール > 進入禁止の違反点数と罰金

進入禁止の違反点数と罰金

下記は「車両進入禁止」の標識です。その名の通り、この標識がある道路へ車が進入してはいけない事を示します。違反すれば道路交通法に基づき、2点の減点と5〜9000円の罰金が科せられます。

車両進入禁止
違反の点数:2点
罰金 大型車:9000円
普通車:7000円
自動二輪車:6000円
原付・小型特殊:5000円
例外:救急車などの緊急車両

進入禁止をより正確に言うと、この標識が設置されている方向からの車の進入が禁止されているというものです。つまり、反対方向からの進入や通行は禁止されていないということです。必然的に、一方通行の出口に設けられることになります。

よく似た標識に「車両通行止め」というのがありますが、これは車両はどの方向からも入ることができないという標識です。車両通行止めの道路は、事実上、歩行者専用の標識と同じことになります。

ちなみに道路交通法では、自転車、屋台の大八車、そして馬(!)なども「軽車両」といって、法律上は自動車と同じ扱いですので、進入禁止などの標識を厳守しなければなりません。特に自転車も車両扱いなことには、注意が必要です。但し、進入禁止となっている道路でも、多くが自転車はOKになっているはずです(標識の下に「軽車両は除く」と補助標識が掲げられています)。

また、進入禁止とは別に「通行止め」という標識もあり、これは人も車も馬も全てが通行できないというものです。これらの標識は中々に紛らわしいので、しっかりと区別できるようにしましょう。運転免許の学科試験にもしばしば出題されます。

進入禁止に違反した場合、違反点数2点と罰金が科せられます。普通車だと7000円、原付なら5000円の罰金となります。駐車禁止と比べれば、違反点数や罰金は軽い方ですが、しかし侮ってはいけません。注意力散漫で運転していると、細い路地などの進入禁止を見落としてしまうケースもあるので、注意が必要です。

救急車や消防車やパトカーなどの「緊急車両」は、必要時には一方通行を逆走が可能と、法律(道路交通法)で認められています。つまり、サイレンの鳴っている車は、進入禁止の例外となります。

【交通ルールメニュー】 免停になる条件〜違反行為と点数 一時停止の違反点数と罰金 転回禁止の違反点数と罰金 追い越し禁止の違反点数と罰金 進入禁止の違反点数と罰金 駐車禁止(駐車違反)の点数と罰金 スピード違反の罰金と点数 交通事故時の起訴・裁判の判断基準 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.