初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 交通ルール > 追い越し禁止の違反点数と罰金

追い越し禁止の違反点数と罰金

追い越しとは、車が右側に進路を変えて、進行中の前の車の前方に出ることで、それを禁止する標識が上記の画像です。駐車中の車を避ける場合は、追い越しとは扱いません。一般の道路では、大抵の場所が追い越し禁止に指定されています。

追い越し禁止
違反の点数:2点
罰金 大型車:12000円
普通車:9000円
自動二輪車:7000円
原付・小型特殊:6000円
例外:駐車車両を追い越す場合

定義を正確にいうと、追い越し禁止という文字を四角で囲んである補助標識部分が追い越し禁止を表していて、上の赤い○で囲まれた部分は、「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止」の標識です。つまり、二つの標識が組み合わさっているということです。従って、下部に「追い越し禁止」文字なしの標識の場合は、横にはみ出しさえしなければ、追い越しをしてもかまわないということです。この標識を勘違いして覚えている人は大勢いますし、運転免許の学科試験でも出題されるので、正確に把握しておきましょう。

なお、上記の追い越し禁止の道路標識がなくても、追い越し行為が禁止されている場所もあります。急カーブとその前後や、上り坂の頂上付近、勾配の急な下り坂、トンネルなどです。いずれも高速道路によくある地形なので、注意しておきましょう。他にも交差点、踏切、横断歩道や自転車横断帯と、それぞれの手前30メートル以内の場所も、標識が無くても追い越し禁止です。

また、前の車が更にその前の自動車を追越そうとしている時も、追い越しが禁止されています(いわゆる二重追い越し)。

標識が無くても追い越し禁止の場所まとめ
急カーブやその前後
上り坂の頂上付近、急な下り坂
トンネル内
交差点、踏切、横断歩道の中、及びその手前30メートル
前の車が更にその前の車を追い越す時

追い越し禁止に違反した場合、違反点数2点と、6000円〜12000円の罰金が課せられます。一時停止転回禁止などに比べると、罰金が重いですが、追い越しがそれだけ危険な行為という事です。

【交通ルールメニュー】 免停になる条件〜違反行為と点数 一時停止の違反点数と罰金 転回禁止の違反点数と罰金 追い越し禁止の違反点数と罰金 進入禁止の違反点数と罰金 駐車禁止(駐車違反)の点数と罰金 スピード違反の罰金と点数 交通事故時の起訴・裁判の判断基準 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.