初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 交通ルール > 一時停止の違反点数と罰金

一時停止の違反点数と罰金

一時停止とは、文字通り道路上の特定の部分で、一旦停車する事を指示する標識です。違反した場合は、道路交通法により、違反点数2点と5000円〜9000円の罰金が課せられます。駐車禁止に比べれば、罰金や点数は軽いですが、事故を起こす可能性が高い、危険な交通違反になります。

一時停止
違反の点数:2点
罰金 大型車:9000円
普通車:7000円
自動二輪車:6000円
原付・小型特殊:5000円
例外: -

上記は一時停止の標識です。この標識のある場所では、車は一旦停止して、安全を確認しなければなりません。信号の無い交差点などによく設置されています。たいていは道路に停止線も引かれていますので、一時停止を見逃す事は無いはずです。交差点に一時停止の標識がある場合、標識がない方(交差している道路側)が優先となりますので、しっかりと停止して安全確認を行うことが重要です。ちなみに、自転車も車両(軽車両扱い)ですので、この標識がある場所では、車と同じように一旦停止して、安全確認をする必要があります。

なお、道路に止まれと書かれた路面表示もよく見かけられます。実はこの表示、道路交通法で定められた道路標示ではないため、一時停止しなかった場合でも違反にはならないのです。ただ、当然ながら危険な場所だからこそ止まれと注意を促しているわけであって、罰金がないからといって、安全確認を怠ることがないように気を付けましょう。

また、これらの標識や表示がない場所であっても、道路に進入するため(もしくは道路外に出るため)に歩道を横断する際や、電車の踏み切りの手前は、一時停止が義務づけられた場所です。違反点数や罰金は、一時停止の標識がある場所と同じです。また、道路横断や踏み切りの一時停止は、運転免許の学科試験でも頻繁に登場する問題なので、しっかり覚えておきましょう。

余談ですが、警察官は反則切符のノルマが課せられている場合があり、一時停止の場所の近くに警官が潜み、違反者を呼び止めて「違反点数稼ぎ」するケースが少なくありません。特に春や秋の交通安全週間では、違反摘発に躍起になっている警官も多いので、注意が必要です。

関連ページ;警察の取り締まりが増える時期

他にも、踏み切り前の一時停止違反も、警察に交通違反で捕まる時の多いパターンの一つです。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【交通ルールメニュー】 免停になる条件〜違反行為と点数 一時停止の違反点数と罰金 転回禁止の違反点数と罰金 追い越し禁止の違反点数と罰金 進入禁止の違反点数と罰金 駐車禁止(駐車違反)の点数と罰金 スピード違反の罰金と点数 交通事故時の起訴・裁判の判断基準 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.