初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > その他 > 日本一低金利な自動車ローンは?

日本一低金利な自動車ローンは?

自動車ローンは、ディーラーの用意するものの他に、購入者が自分で民間の金融機関から借りるタイプのものもあります。ディーラーローンは審査基準が甘いというメリットがあるものの、金利は高いです。では、日本一低金利な自動車ローンはどれになるのでしょうか?当稿執筆時(2014年10月初頭)の金利で比較して調査してみました。

関連ページ;自動車ローンの金利を交渉で下げる方法

一般水準で最も低金利な自動車ローンは、ろうきん(労働中央金庫)の「カーライフローン」でした。ろうきん加盟の労働組合に加入している人なら、変動金利タイプで年2.4%、固定金利で2.9%です(いずれも保証料0.7%を含めたトータル金利。以下同じ)。ろうきんに加盟していない一般の人でも借りれ、その場合は変動金利で年3.675%、固定金利タイプが3.9%です。組合員よりは割高ですが、それでも民間の銀行のマイカーローンよりは明らかに低金利で借りられます。

ろうきんとは、全国の労働組合と生協(生活協同組合)が運営母体となり、組合員の生活向上や福利厚生を目的に運営されている金融機関のこと。銀行のように預金業務もあれば、住宅ローンなどの金融商品もあります。各地域毎にろうきんの支部があり(北海道ろうきん、近畿ろうきん、など)それらを統括する中央労働金庫があります。

名目上は、民間の銀行の中にはろうきんよりも低金利を表示している所もあります。例えば住信SBI銀行の「Mr.(ミスター)自動車ローン」では、金利は年率1.775%〜3.975%となっています。またJAバンク大阪の「JAマイカーローン」も、実質金利は年率1.500%〜4.775%だそうです。一見すると最低金利ならろうきんよりも安いことになりますが、実際には下限金利で借りれる人はほとんど居ません。

自動車ローンの金利と審査基準比較表
  金利 審査基準 審査期間
ディーラーローン 8%前後 とても甘い 早い
銀行系ローン 1.5〜5% 厳しい 早い
ろうきん 組合員2.4% 組合員には甘め
非組合員には銀行並?
時間が掛かる

ローン金利は下限で借りれる人などほぼ居ない

ローン会社では、客寄せや宣伝の為に最低金利を非常に低く設定している事がありますが、実際に下限の金利が適用されるのは、高年収で首にならない公務員で、かつクレジット履歴が優秀である事など、極めて厳しい条件をクリアした場合のみです。これらの金利幅があるローンでは、大半の人が上限付近の高い金利でしか借りられないのが実際です。

ろうきんが日本一低金利な水準でローンを設定できる理由は、ろうきんは労働者(労働組合員)の福利厚生を目的に運営されていて、基本的には非営利組織であるからです。国民共済とか都道府県民共済が、民間の保険会社よりも安い掛け金で保険を出しているのと同じ理屈ですね。

但し、ろうきんのカーライフローンには2つほど問題もあります。一つは組合員以外に対しては、ローン審査が銀行並に厳しいという事。もう一つの問題は、審査結果が出るまでに少し時間が掛かると言うことです。マイカーローンに限らず、ろうきんの運営するローンは、民間の融資に比べて審査期間が長い傾向にあります。従って、新車購入を決めてから審査を申し込んでも、支払い時に間に合わない可能性がある点には、十分注意が必要です。審査が間に合わないようなら、一旦はディーラーローンで申し込み、後にろうきんのカーライフローンに借り換えるという方法が無難です。

【その他メニュー】 スピードメーターが180キロまで備わる理由 高速道路の渋滞で左車線が最も速くなる理由 古すぎる車でも買取可能な理由 車金融とは?その危険な仕組み チャイルドシートを安く買う方法 引越しで住所変更の届け出は必要か? 異常に安い中古車が売られている理由 飲酒運転にならない為には、何時間空ければよいか? 警察の取り締まりが増える時期 高速道路料金の割引と廃止はいつまで? 日本一低金利な自動車ローンは? 世界一値段が高い自動車と最も安い自動車 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.