初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > その他 > 飲酒運転にならない為には、何時間空ければよいか?

飲酒運転にならない為には、何時間空ければよいか?

一般的に、飲酒運転と呼ばれる状況は「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の二種類あります。

酒気帯び運転の基準値は、呼気中アルコール濃度が0.15mg以上0.25mg未満の場合と、0.25mg以上の二段階があり、該当した場合、特定違反行為となり3年以下の懲役又は50万円以下の罰金と、違反点数13点・免許停止90日(0.25mg以上の場合は25点・免許停止2年)の罰則が科せられます。

関連ページ;免停になる条件〜違反行為と点数 警察の取り締まりが増える時期

そして、酒気帯び運転よりも悪質なのが酒酔い運転であり、こちらはアルコール濃度とは関係なく「アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」が該当します。酒酔い運転の罰則は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金と、違反点数35点・免許停止3年という、非常に重い処分が科せられます。

しかし、アルコールは時間が経つに連れて体内で分解され濃度は下がってくるので、飲酒後ある程度間を空ければ、運転も出来るようになります。では、一体何時間空ければ、アルコールが完全に抜ける=飲酒運転にはならないのでしょうか?

一般的な成人男性の場合、ビール中瓶(500ml)一本を飲んで、飲酒の反応(血中アルコール濃度)が完全に無くなるまでは、平均で3時間程度は必要と言われています。二本なら倍の6時間、三本なら三倍の9時間といった具合に、摂取量によって分解時間は長くなります。ただし、これはあくまで目安でしかありませんし、研究機関によっては缶ビール一本(350ml)で3時間は必要、と更に厳しい基準を言う所もあります。

そもそもアルコールの分解速度には個人差がありますし、その人の体重、体調、お酒の種類(アルコール度数)などに大きく左右されます。また、女性は男性よりもアルコールの分解に時間がかかる傾向にあります。基本的に「お酒に強い人」ほどアルコールの分解が早く、呼気からのアルコール検出も早く消えやすいようです。

よって、何時間経てば飲酒運転にはならないという基準は、一概には言えません。二日酔いという症状もあるように、お酒を飲み過ぎると一晩睡眠を取ってもアルコールが完全には抜けない、という状況は珍しくないのです。ほんの一杯飲んだだけだから・・・と甘く考えていると、重大な事故を引き起こしてしまう恐れもあります。その上、人は酔うと記憶も曖昧になってしまうため、自分でどれだけ飲酒したかを正確に覚えていない事も考えられます。

ちなみに、体内のアルコールの約90%は肝臓で分解され、残りの10%は汗や尿として排出されます。この割合は、基本的に変化する事はありません。それ故に、運動や入浴でたくさん汗をかいても、アルコールの減少が早まったりはしません。身体の血流が良くなることで、酔いが覚めたような気分になるだけです。

尚、最近ではアルコールチェッカーという、息を吹きかけるだけで体内のアルコール濃度が計測出来る機械が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で、飲酒運転してしまう危険も無くなるでしょう。安い物なら数千円で手に入ります。

基本的に、お酒を飲んだらその日一日は運転すべきではありません。車で出かけてお酒を飲んだ日は、運転代行サービスを活用するなどして、自らハンドルを握る事は止めるべきです。飲酒運転は、ドライバー本人の罰則で済めばマシな方で、死傷者を生む危険性もあるのですから、絶対厳禁です。

【その他メニュー】 スピードメーターが180キロまで備わる理由 高速道路の渋滞で左車線が最も速くなる理由 古すぎる車でも買取可能な理由 車金融とは?その危険な仕組み チャイルドシートを安く買う方法 引越しで住所変更の届け出は必要か? 異常に安い中古車が売られている理由 飲酒運転にならない為には、何時間空ければよいか? 警察の取り締まりが増える時期 高速道路料金の割引と廃止はいつまで? 日本一低金利な自動車ローンは? 世界一値段が高い自動車と最も安い自動車 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.