初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > その他 > スピードメーターが180キロまである理由

車のスピードメーターが180キロまで備わる理由

ご存じのように、日本では一般道路の最高速度は時速60キロ、高速道路でも100キロが上限であり、それ以上はスピード違反になります。にも関わらず、自動車のスピードメーターは、大半の車種で時速180キロ(軽自動車は140km/h)まで表示があります。

これを不思議に感じる人は、多いかと思います。「法律違反の速度までメーターがある事が、暴走族のスピード違反を助長している!」と異を唱える人も居ますね。なぜ、法定速度を超える180km/hまで、スピードメーターの表示があるのでしょうか?

関連ページ;スピード違反の罰金と点数 高速道路の渋滞で左車線が最も速くなる理由

スバル・クロスオーバーのスピードメーター

一つ目の理由は、スピード違反というのはあくまで公道で適用される法律で、私有地では関係ありません。例えば、鈴鹿や富士スピードウェイなどのサーキットコースは、私有地の中ということで、180キロまで出そうがスピード違反にはなりません。そしてカーレースの中には、F1のような特殊な車を使って競うものもあれば、一般の自動車を使って行われるものもあります。

二つ目の理由は、海外の道路事情とも合わせて作られている事です。現在、日本の自動車メーカーは国内だけでなく、海外にも販売しています。それどころか、トヨタも日産もマツダも、ほとんどのメーカーが海外での販売台数の方が多いという状況です。

ベンツEクラスのスピードメーター日本では、法定速度の上限は100km/hですが、海外ではそれ以上の速度が出せる国も多いです。有名どころでは、ドイツのアウトバーンと呼ばれる高速道路は、何と!上限速度が無い区間もあります。実際、ドイツのアウトバーンを走ると「200キロ以上出てるんじゃないの?」と思うような車がバンバン走っており、不慣れなうちは相当に恐怖を感じます。

自動車メーカーでは、車を設計する際に、日本向けと海外向けで、仕様を極力変えないのが基本です。コストを削減するために、基本仕様はなるべく統一されるのです。同じ車を海外で販売する際は、どうしようもない部分(左ハンドルに変える、等)を除けば、日本用も海外用も基本的に同じものを生産します。スピードメーターなど、わざわざ作り替えてもコストの無駄なので、極力同じものが使われるのです。

関連ページ;外車(輸入車)のデメリット 国産車との比較 古すぎる車でも買取可能な理由

アメリカでの販売分は、米国ローカル単位の「マイル」と「km」の両方が表示されています。

三つ目の理由としては、車が進化している事をPRするためです。日本国内で100キロが上限速度であっても、それ以上のスピードが出る馬力を備えておく必要はあります(でなければ、上り坂で大きく減速してしまう)。そして前述のように、海外では法律上100km/h以上でもスピード違反にならない国もあります。わざわざ日本国内向けにだけ「それ以上の速度が出せるにも関わらず」スピードメーターを削って表記していると、お客さんは貧乏臭く感じてしまいます。

なぜなら、車の性能は年々進化しています。戦後間もない頃は、時速100キロ出るというのは「高性能な自動車」というイメージでしたが、今では軽自動車ですらそれを追い抜いています。高い性能があるなら、表示しておきたいと考えるのが、メーカーの心理です。いきなり180キロになったのではなく、年を追う毎に車が進化し、それをPRする為にスピードメーターも伸びてきた訳です。

最大の理由は、ドライバーに抑止力を働かせる為

四つ目の理由は、メーターが100キロまでだと、どれだけスピード超過しているか分からないという問題が生じるからです。高速道路に乗れば分かりますが、実際に100キロを超えるスピードで走っている車は、かなり多く存在します。しかし、さすがに150キロ以上のスピードで走る車は、滅多に居ません。スピードメーターの表示が抑止力となり、ドライバーに「ちょっと飛ばし過ぎだな」と自制心を働かさせるからです。

もしメーターが100キロまでしか表示がないと、ドライバーに自制心を感じさせる手段が「体感速度」だけなので、抑止力が働きづらいです。人間の体感速度は極めていい加減で、例えば周りの車が全て120キロで走っていれば、大抵の人が「120キロも出ていない」と感じる傾向にあります。これでは抑止力が働きませんから、当然、大事故の発生確率が大きく増えてしまいます。

前述のように、高速道路でも150キロ以上で走る車はさすがに少ないので、180キロまでスピードメーターを備えるのは、抑止力を働かせるのに丁度良い数値なのでしょう。

以上のように、スピードメーターが法律違反の領域まで表示されていることには、様々な理由があるのです。特に最後に挙げた、ドライバーに抑止力を感じさせる事が、最も重要な理由です。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【その他メニュー】 スピードメーターが180キロまで備わる理由 高速道路の渋滞で左車線が最も速くなる理由 古すぎる車でも買取可能な理由 車金融とは?その危険な仕組み チャイルドシートを安く買う方法 引越しで住所変更の届け出は必要か? 異常に安い中古車が売られている理由 飲酒運転にならない為には、何時間空ければよいか? 警察の取り締まりが増える時期 高速道路料金の割引と廃止はいつまで? 日本一低金利な自動車ローンは? 世界一値段が高い自動車と最も安い自動車 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.