初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許 > 免許証のパスワード問題

免許証更新時に設定する「パスワード」に潜む問題

最近、運転免許証の更新を行った人は、新たに「パスワード」を作ることを求められたはずです。2007〜10年に掛けて、運転免許証のICカード化が導入されてきました(都道府県別に若干時期が異なる)。この免許証のパスワードには、大きな問題点が潜んでいるので、解説しておきます。

今後、自動車の運転免許証を更新(ないしは新規取得)する際には、本人が「任意の数字4桁」で構成するパスワードを「二つ」設定することになります。このパスワードは、個人情報などのデータを電子カード化する際に、必要となる暗号です。最新の自動車運転免許証は、カードにデジタルデータを搭載しているため、以前のものより分厚くなっています(クレジットカードと同程度の厚みです)。

パスワードが作られた目的は、第一に免許証をICチップ埋め込み型のカードにする事で、偽造防止に役立つからです。もう一つの理由は、今まで免許証の表面に記載されていた「本籍地」などの情報を隠すためです。個人情報保護法の強まりにより、免許証の表面に本籍地などを記載していると、プライバシーの漏洩に繋がるという問題を解決するためのものです。そして、本籍地の変更がある際には、このパスワードを使って免許証内のデジタル情報を入力し直すというものです。

免許証のパスワード入力の画面ではこの運転免許証のパスワード、何が問題なのかというと、実際に使う場面がほとんど生じないであろうことに起因します。免許証の更新時に、自分でパスワードを設定し、それを更新を行う事務所〜試験場や警察署で、機械に入力することになります(右写真)。ですが、パスワードの入力画面が後ろや横から丸見えで、セキュリティ面が相当ルーズなのです。

「使う場面がほとんど無いのなら、別に問題ないでしょ?」と思うのは早計です。確かに、パスワードに他で使っていないどうでもいい数字を設定すれば、仮に周りにいる人にバレても問題ありません。しかし、もし重要なパスワード〜例えば銀行のキャッシュカードの暗証番号などと同じ数字を使ってしまうと、その番号が他人に覗き見されるリスクがあることは、極めて大きな問題です。

ばつが悪いことに、この免許証のパスワードは「二種類」作る必要があります。なので覚えやすいようにと、日頃使っているキャッシュカードやクレジットカードの暗証番号と、同じ数字を設定してしまう人が、結構な確率で居るはずです。

しかし、この免許証のパスワードは「ほとんど使うことは無く」「他人にバレやすい」という、危険なものです。ですから、絶対に免許証の更新時にパスワードを入力する際は、キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号とは違うものにして下さい!

車のナンバーなど、覚えやすくて他で使わない数字に!

語弊を恐れず言えば、免許証のパスワードは「どうでもいい数字」を設定すべきなのです。

しかし、もしパスワードを忘れてしまうと、電話で教えてはくれず、再発行には再び警察に出向く必要が生じます。これは非常に面倒なので、なるべくすぐに思い出せる数字で、他のカードの暗証番号では危険で使わない数字を、パスワードに設定するのがベストになります。

となると、生年月日や自動車のナンバーが最適では? 生年月日や自動車のナンバープレートの数字は、キャッシュカード等の暗証番号にするのは危険なので、使っている人は居ないと思います。ですが、運転免許証のパスワード二つは、本当にどうでもいいものですから、自動車のナンバーや生年月日と同じ数字にしても、何ら問題は無いでしょう。あるいは電話番号とかでもOKでしょう。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【運転免許メニュー】 オートマとマニュアル、どちらの免許証を取得すべきか? 運転免許証の種類 運転免許証の色の違い ゴールド免許のメリット 国際免許証の種類と申請方法 免許証更新時のパスワードに潜む問題 更新を忘れた場合の手続き 違反者講習の内容と日程 合宿免許のメリットとデメリット 一発試験での免許取得の方法〜料金と合格率 就職活動でミッション免許は必要か? お金がないのに運転免許を取る方法 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.