初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許 > 運転免許証の色の違いとメリット

運転免許証の色の違い(更新時の点数や保険料)

運転免許証には、グリーン・ブルー・ゴールドの3通りの色の違いがあります。この色は、事故や違反を起こさなかった期間に応じて決定されます。

最初に免許を取得した時は、全員がグリーンから始まり、3年間はずっとグリーンのままです。免許を取得してから3年後の更新時に色はブルーになります。但し例外として、免許取得から5年未満であっても、別の免許を取得した場合はブルーになります。

免許取得後の3年を過ぎれば、その後はブルーかゴールドかのみになり、判定は過去5年間の違反の有無により決まります。具体的には、過去5年間(正確には5年から41日を引いた日数)無事故無違反だった運転者は、ゴールド免許へと格上げされます。ゴールド免許になるには、1点2点といった軽微な違反も許されず、完全なる無事故無違反の場合のみが対象となります。

またゴールドの人が違反を起こすと、免許取消のような重い違反でなければ、ブルーへの降格となります。ブルー免許の人には、初回更新者と、軽微な違反(3点以下)があった「一般運転者」と、3点以上もしくは複数回の違反があった「違反運転者」の3種類があります。

免許証の色 対象者 更新料金と時間
グリーン 免許取得直後から3年間 -
ブルー グリーンから3年経過(初回更新者) 2時間・1500円
ゴールドから降級(一般運転者) 1時間・950円
ゴールドから降級(違反運転者) 2時間・1500円
ゴールド 過去5年間、無事故無違反 30分・600円

ちなみに、5年間一度も車を運転しなければゴールド免許がもらえます。ですから、その人の運転免許証の色がゴールドでも、必ずしも運転が上手だとは限らないことに注意です。

「免許証の色の違い」関連ページ;免許証の種類 免停になる条件

ゴールド免許にはメリットが多い

ゴールド免許になると、他の色とは違い、様々なメリットが受けられます。まず、運転免許の更新料金が安く、手続きも素早くて済むようになります。運転免許の更新時には、一定時間の座学講習を受けることになるのですが、優良運転者(ゴールド免許取得者)は30分程度の短い時間で済みます。一方で、一般運転者(ブルーの人や、過去5年間の違反が3点以下の人)は1時間程度、違反運転者は2時間程度かかります。

関連ページ;ゴールド免許のメリット

そして、ゴールド免許最大のメリットと言えるのが、自動車保険の割引です。多くの保険会社では、ゴールド免許所持者の保険料が、他の色よりも割引された価格に設定されています。保険料の割引率は平均で5〜10%程度です。ちなみにブルーとグリーンの色の差は、保険料には影響しません。

例えば、初心者が運転免許取得と同時に、自分名義で自動車を購入すると、自動車保険は6等級からスタートします。そして無事故無違反で5年後にゴールド免許に変わると、その際は11等級になっています。トヨタのプリウスだと、11等級だと年間の自動車保険料は概ね5〜10万円程度(会社や保証内容により異なる)となります。ゴールド免許だと、年間3千円〜1万円位は保険料が安くなる計算ですね。また軽自動車でも、11等級の自動車保険料は3〜5万円程度ですから、ゴールド免許だと2〜5千円位の割引が受けられます。

このように、ゴールド免許を所持していることは、運転者に大きな違いをもたらします。できるだけ無事故・無違反で過ごし、ゴールド免許のメリットを受けたいですね。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【運転免許メニュー】 オートマとマニュアル、どちらの免許証を取得すべきか? 運転免許証の種類 運転免許証の色の違い ゴールド免許のメリット 国際免許証の種類と申請方法 免許証更新時のパスワードに潜む問題 更新を忘れた場合の手続き 違反者講習の内容と日程 合宿免許のメリットとデメリット 一発試験での免許取得の方法〜料金と合格率 就職活動でミッション免許は必要か? お金がないのに運転免許を取る方法 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.