初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許について

言うまでもないことですが、自動車を運転するには「運転免許」が必要です。一般的な自家用車の場合、軽だろうとミニバンだろうと、普通自動車免許で運転可能ですが、大型車や客を乗せるタクシーなどは、別の免許が必要です。

そして免許は、交通違反が無ければブルー⇒ゴールドと昇格していきます。ゴールド免許は5年間無事故無違反と条件が厳しいですが、その分自動車保険料が安くなったり、更新の講習がすぐに終わるなどメリットも多いです。

また、かつては就職で有利と言われたミッション免許も、現在ではほとんど無意味と化しています。オートマ限定で取り、必要が生じたときに限定解除の講習を受ける方が合理的です。

このコーナーでは、運転免許に関する基礎知識と、知っておくと便利な裏技を紹介していきます。

運転免許〜コンテンツ一覧
運転免許の基本情報


運転免許証の種類
運転免許証には、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3つがある。第一種免許で、軽自動車からミニバンやSUVまで、全て運転可能。

運転免許証の色の違い(更新時の点数や保険料など)
事故歴が無ければグリーン⇒ブルー⇒ゴールドと昇格していく。ゴールド免許は自動車保険料が安くなるなど、メリットが多い。

ゴールド免許のメリット
保険料以外にも様々なメリットがある。

オートマとマニュアル、どちらの運転免許証を取得すべき?
最近はオートマでも就職活動で問題ない。必要に応じて追加取得がベスト。

合宿免許のメリットとデメリット
実は合宿の方が教習所通いよりも料金は安いことが多い!

お金がないのに運転免許を取る方法
低金利のローンを組んで免許を取れる合宿もあります。
免許の関連情報
一発試験での免許取得の料金と合格率
自動車教習所に通わずに、直接、運転免許試験場へ行って実技試験を受ける「一発試験」は、合格率は約5%という狭き門。

国際免許証の種類と申請方法
海外で車を運転したい場合には、国際運転免許証を申請する必要がある。


就職活動でミッション免許は必要か?
最近では別に有利では無くなり、AT限定でも問題ない事が多い。
免許の更新について
免許更新の流れ
免許証更新時のパスワードに潜む問題
セキュリティが疎かなので、他のパスワードと統一すべきではない。
免許証の更新を忘れた場合に必要な手続き
期限の超過が半年以内なら特定失効者講習を受けるだけで復活できます。
違反者講習の内容と日程

6点以下の違反で、期限内に違反者講習に行けば、免停を避けられます。
他の人気ページ 自動車保険料を安くする7つの方法

当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.