初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許 > 違反者講習の内容と日程

運転免許の違反者講習の内容と日程

違反者講習とは、運転免許証を所有する人が「3点以下の軽微違反の累積により、6点に達してしまった」際に行われる講習のこと。この違反者講習を受講すれば、免停になるのを避けられます。

違反者講習と、免許の更新時に行われる違反運転者講習とは、名前が似てますが全くの別物です。

この違反者講習は、あくまでも3点以下の違反の累積が対象であり、1回で6点に達するような違反は対象外です。また軽微な違反でも、累積点数が7点以上になってしまった場合も対象外です。

通常ならば、違反点数6点は30日間の免許停止になってしまいますが、この違反者講習を受けることで、免停を回避することができるのです。そして違反者講習を受講すれば、それまでの6点分の違反は消え、以後累積されることはありません。また講習を受ければ、免停の前歴扱いもされません。過去3年間の違反歴によって、以後の免停になる点数や期間などが異なってくるので、前歴が付かないことは大いに助かります。

関連ページ;免停になる条件〜違反行為と点数

対象者(交通違反が累計6点に達した人)には、違反者講習通知書が送付されてきます。この違反者講習通知書を受け取ってから1ヶ月間が、違反者講習の受講期間となります。この日程内に受講しなければ、通常の免許停止処分となりますので注意が必要です。

違反者講習は基本的に平日のみの日程ですので、仕事で忙しい人にとっては、受講が厳しい制度です。期間内に違反者講習を受けなかった場合は、運転免許停止処分者講習(免許停止期間を短縮できる講習)も受けられなくなるので、確実に30日間の免停が課せられることになります。

また、過去3年以内に免停や免許取消処分を受けた者、又は過去3年以内に違反者講習の受講経験がある者は、この違反者講習会を受けることはできません。

免停を避けるには、安全運転講習orボランティア

違反者講習の内容は、実車による安全運転講習(受講料1万4千円程度)か、交通安全活動体験講習(受講料1万円程度)か、2種類から希望する方を選択する制度となっています。どちらも講習日程は6時間です(都道府県によって詳細が若干違います)。

安全運転講習の内容は、座学の講義と、実車の運転やシミュレーター操作による指導を受けます。一方の交通安全活動体験講習では、講義に加え、社会参加活動(ボランティア)を行うことになります。ボランティアの内容は、交通安全チラシを配ったり、歩行者の通行を誘導したり、放置自転車の整理や撤去の補助をしたり、と様々です。値段の安さや活動が手軽なことから、交通安全活動体験講習を選ぶ人の方が、割合として多い傾向だそうです。

違反者講習のまとめ
・違反者講習とは、軽微の交通違反で累積6点に達してしまった際に行われる講習
・通知書を受けてから1ヶ月間が受講期間で、行かなければ免停になる
・実車による安全運転講習か、交通安全活動体験講習(ボランティア)の2択を選ぶ

免停になると不便ですので、有給休暇を使ってでも、期間内に違反者講習を受講したい所です。

【運転免許メニュー】 オートマとマニュアル、どちらの免許証を取得すべきか? 運転免許証の種類 運転免許証の色の違い ゴールド免許のメリット 国際免許証の種類と申請方法 免許証更新時のパスワードに潜む問題 更新を忘れた場合の手続き 違反者講習の内容と日程 合宿免許のメリットとデメリット 一発試験での免許取得の方法〜料金と合格率 就職活動でミッション免許は必要か? お金がないのに運転免許を取る方法 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.