初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許 > ゴールド免許のメリット

ゴールド免許のメリット

運転免許証は、事故や違反を起こさなかった期間に応じて、グリーン・ブルー・ゴールドの3色に分類されます。その中でも、ゴールド免許は、5年間無事故無違反だった人に与えられる、優良運転手の証なのです。このゴールド免許を所有していることには、様々なメリットがあります。

関連ページ;運転免許証の色の違い  合宿免許のメリットとデメリット

一つ目のメリットは、ゴールド免許は更新期限が長くなる事です。ブルー免許は、一般運転者(違反が3点以下の人)か違反運転者(3点以上、もしくは複数回の違反があった人)かで、更新が5年か3年か変わりますが、ゴールド免許は一律で5年毎の更新になります。運転免許の更新は平日しか行えない(試験場は土日祝日は休日です)ので、社会人の人にとっては大きな悩みです。更新期限が5年になることは、大きなメリットだと言えるでしょう。

しかも、更新手続きが短くなるメリットもあります。運転免許更新の際には、一定時間の座学講習を受けることになります。一般運転者は1時間程度、違反運転者は2時間程度かかりますが、ゴールド免許の場合、30分程度で済むのです。煩わしい免許更新の頻度や時間が短くなるのは、非常にありがたいです。また更新料金も600円に下がるので、ブルー(950〜1500円)に比べて安いです。

しかし最大のメリットといえるのが、ゴールド免許だと自動車保険が安くなる(割引される)ことです。自動車保険会社というのは、保険料の支払いが少ないほど儲かる訳で、逆に言うと事故や違反を起こしやすいブルー免許のドライバーから高い掛け金を取るのは当然だといえます。保険会社によっては優遇が無い場合もあったり、等級によって割引率は変わってきますが、だいたい5〜10%程度の割引が期待出来るようです。グリーンやブルーとゴールドでは、支払う掛け金が1万円ぐらい安くなることもあるので、メリットはかなり大きいと考えられます。

また、セーフドライバーカード(SDカード)による割引サービスも受けられます。セーフドライバーカードとは、自動車安全運転センターに申し込むことで入手出来るカードで、全国4700社の提携店舗(ガソリンスタンドや飲食店など)で優待サービスが受けられるというものです。ただ、発行手数料630円が必要になります。

厳密には、セーフドライバーカードは、一定期間無事故無違反であれば、ゴールド免許でなくとも入手可能ですが、運転免許試験場では、特にゴールド免許取得者に対し、このサービスへの加入を勧めています。実はセーフドライバーカードの発行手数料は年間54億円にも上っており、天下りの資金源になっているとも言われています。よって優待サービスに大きなメリットを感じる人でなければ、無理に取得する必要は無いでしょう。

もう一つ、見逃しがちなメリットと思われますが、免許証の色でその人の人間性を判断される可能性もゼロではありません。例えば転職する時などで、ゴールド免許の人なら「安全運転=ミスが少ない」「気が荒くない」などと高評価に判断される場合もあるかもしれません。免許取得から何年も経っているのにブルーの人は、危険因子を持っていると警戒される可能性があります。ゴールド免許の隠れたメリットとして、交通違反を犯さない=まともな社会人であることの証明にもなるのです。

関連サイト;セーフドライバーカード(自動車安全運転センター)

【運転免許メニュー】 オートマとマニュアル、どちらの免許証を取得すべきか? 運転免許証の種類 運転免許証の色の違い ゴールド免許のメリット 国際免許証の種類と申請方法 免許証更新時のパスワードに潜む問題 更新を忘れた場合の手続き 違反者講習の内容と日程 合宿免許のメリットとデメリット 一発試験での免許取得の方法〜料金と合格率 就職活動でミッション免許は必要か? お金がないのに運転免許を取る方法 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.