初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 運転免許 > 合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許のメリットとデメリット

運転免許の取得方法は、主に2種類あります。一つは、自宅から教習所に通う通学免許。もう一つは、2〜3週間程度宿泊施設に滞在しながら教習を受ける合宿免許です。

合宿免許には、短期間で免許が取得出来るというメリットがあります。通学の場合は、免許取得には通常2ヶ月程度かかりますが、合宿の場合(試験の不合格がなければ)2週間程度で取得可能です。

そして合宿免許最大のメリットとしては、料金が安い事が挙げられます。合宿免許では、通常の教習費用に加えて、宿泊や食事の代金も必要になりますが、それらを含んだ料金で比較しても、通学免許よりも安い事が多いのです。例えば、新潟中央自動車学校では、通学による普通免許(AT)取得だと、料金は280800円です。それに対し、合宿の料金は205200円(年度末や夏を除く)と、10万円近く安く済むのです。尚、教習に手間取って期間を延長しなければいけない場合でも、たいていの合宿では、数日の延長が保証されたプランが用意されており、それを利用していれば、追加料金がかかる心配はありません。

合宿免許の方が料金が安い理由は、田舎の自動車学校では人口減少と少子化で生徒数が激減しており、稼働率が低い傾向にあり、その穴埋めとして合宿免許で生徒集めしているのです。教習用の自動車や教官などを遊ばせていては赤字なので、利益が出るギリギリの激安価格で生徒を集めようとしているのです。合宿は基本的に田舎で行われるので、土地代や人件費などが安く、損益分岐点が都会の教習所より低いことも、激安価格を実現できる理由です。何より、合宿では受講者のキャンセルがほぼ発生しないので、効率的なスケジュールを組めるという点が大きいです。提携する宿泊施設も、閑散期の部屋の稼働率が上がると助かるので、料金を安く抑えたプランを準備出来るのです。

合宿免許は、軽い旅行気分が味わえるというのもメリットです。また、大勢の人と寝食を共にするので、友人や恋人関係になる場合も少なくありません。彼女(彼氏)を探す目的も込みで、合宿免許に参加する人も少なくないので、出会いのチャンスが多いこともメリットだと言えるでしょう。

合宿免許のデメリットは?

逆に合宿免許のデメリットとしては、暇な時間が多いことが挙げられます。上記の通り、合宿はほとんど田舎で行われます。近くに繁華街や観光地がある所なら良いのですが、周辺に娯楽施設が無い場合は、何もすることがなかったりします。空き時間に別の資格の勉強をする強者も居ますが、友達同士で遊べるスポーツやゲームを用意しておくと、楽しく過ごせるでしょう。

免許合宿ライブ というサイトで、免許合宿の人気ランキングが地域別、性別、プランごとに見れます。海水浴可能、温泉付き、カップルで参加可能など、条件を絞って探すことも出来ます。

そして合宿は少なくとも2週間程度はかかりますので、まとまった休みを取り辛い社会人の参加は難しいです。必然的に、時間に自由がある大学生やフリーターに限定されるでしょう。

細かいことになりますが、都会と田舎の交通事情の違いによる感覚の差も、小さなデメリットと考えられます。田舎では(車が無いと生活できないので)車は多く、都会と比べても交通量は余り変りませんが、道路が広いし計画的に作られているケースが多いので、運転しやすいです。東京や大阪などは、都心部でも道が入り組んでおり、複雑な信号の交差点があったり、無茶な運転をする通勤自転車(ロードバイク)が我が物顔で走っていたりするので、危険度が段違いです。もちろん、田舎との感覚の差は、そのうち都会で運転し慣れてくるので解消されますが、免許取り立ての時期に気持ちの面で大きな差が出るかもしれません。

【運転免許メニュー】 オートマとマニュアル、どちらの免許証を取得すべきか? 運転免許証の種類 運転免許証の色の違い ゴールド免許のメリット 国際免許証の種類と申請方法 免許証更新時のパスワードに潜む問題 更新を忘れた場合の手続き 違反者講習の内容と日程 合宿免許のメリットとデメリット 一発試験での免許取得の方法〜料金と合格率 就職活動でミッション免許は必要か? お金がないのに運転免許を取る方法 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.