初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 自動車に掛かる税金一覧

自動車に掛かる税金一覧

車に掛かる主な税金を一覧すると、自動車税、自動車取得税、重量税、の3種類が挙げられます。

自動車税とは、自動車を所有している人にかかる税金です。車の排気量が大きい程、税金も高くなりますが、エコカー減税対象車は減税されます。毎年4月1日時点で車を所有している人に支払い義務が発生し、翌年3月31日までの1年分を前払いする仕組みです。年の途中で車を購入した場合は、月割りで計算されます。なお、その車を運転していない場合でも、自動車税はかかります。

詳細⇒ 自動車税の車種毎の金額一覧と納付方法

自動車取得税とは、車を取得(登録)した時に支払う税金です。二輪車や特殊車両の場合は、課税されません。金額は、自家用自動車は取得価格の5%、軽自動車および営業用自動車は取得価格の3%となっていますが、エコカー対象車は減税されます。カーナビやオーディオなどのオプション品も取得価格に含まれますので、これらは車とは別に購入した方が、税金が少なくてお得です。支払い義務は、自動車を新規登録した時の1回だけで、他の税のように何度も支払う必要はありません。また、自動車取得税は中古車を取得した場合にも発生しまが、中古車は経過年数に応じて減額されます。

詳細⇒ 自動車取得税の金額と節約方法

自動車重量税とは、所有している車の重さに応じて支払う税金です。車両が重い程税金も高くなり、初登録時から13年目と18年目に増額になりますが、エコカー減税対象車は減税されます。支払いは、新車登録時と車検毎です。次の車検までの期間分を前払いしますので、一度に2年ないし3年分を支払うことになります。

詳細⇒ 自動車重量税の金額と支払い方法 ユーザー車検とディーラー車検の比較

一覧に挙げると、以上の3つが車に関する主な税金です。しかしそれ以外にも、消費税やガソリン税など、車にかかる税金はいくつもありますので、ユーザーはかなりの負担を強いられている計算です。実際、2012年度に自動車ユーザーが支払った自動車関連税の総額は、7.7兆円にものぼります。

関連ページ;自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など)

こうした批判を受け、政府は自動車取得税について、消費税率が10%に上がる2015年10月に廃止する方針を固めました。これまでは、自動車購入時に、消費税と取得税で二重に徴収されてしまっていたため、見直しが決まったのです。また、自動車重量税も減税され、使途を道路などに限定した特定財源に戻される予定です。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.