初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 延滞した自動車税の支払い方法と時効

自動車税を滞納したらどうなる?

自動車税とは、自動車を所有している人に毎年課せられる税金のことです。そして自動車税を滞納した場合、様々なペナルティが課せられることになります。

まず、自動車税を延滞した日数に応じて、最大で年率14.6%の延滞金が発生します。1500〜2000ccの自動車税は年額39500円ですが(2013年度時点)、もし1年間支払いを忘れると、延滞金が5700円ほど掛かる計算です。

また、自動車税が未納の場合は、車検を受けることが出来ません。車検に通っていない車を運転していることが発覚した場合は、違反点数6点の罰則となり、一気に免許停止や免許取消しといった重い処分に繋がります。車検に通り、通常通りに車を運転するためにも、自動車税の滞納は御法度です。

関連ページ;自動車税の金額と納付方法 免停になる条件〜違反行為と点数

あまりにも滞納が長期にわたった場合には、督促状が送られてきます。それでもなお支払わないでいると、税事務所(都道府県の税金を扱う部署)により差し押さえが執行されます。差し押さえとは、滞納者の財産を強制的に取り上げ、支払いに当てるという方法です。銀行の預金が没収されるのはもちろんのこと、それでも足りない場合は、自宅や土地など、財産的価値のあるものが差し押さえられることになります。場合によっては、車を差し押さえられることもあります。

自動車税の支払い先は、国(税務署)ではなく都道府県(税事務所)です。そのため、滞納した場合の対応は、都道府県によって違います。1ヶ月程度の遅れだと、延滞金を掛けない自治体もあります。

ちなみに、車を廃車にした場合でも、自動車税の延滞金の支払い義務は無くなりません。それどころか、その後も延滞金は毎月加算されていくことになります。お金に困ってマイカーを廃車にする場合でも、自動車税の延滞は消えない事に注意が必要です。

延滞した自動車税を支払う方法

延滞してしまった自動車税を、期日後に支払う方法の紹介です。

4月に郵送されてくる自動車税の納税通知書は、5月末で有効期限が切れているので、そのまま銀行やコンビニで支払う事は出来ません。よって、住んでいる自治体の税事務所に連絡し、納税通知書を再送してもらう必要があります。もしくは直接、税事務所に出向いて支払う方法もあります。どちらにせよ、税事務所を通したやりとりが必要となります。

余談ですが、いくら延滞しても自動車税が免除されませんが、支払いの「時効」は存在します。自動車税の時効は、他の税金と同じで「5年」です。つまり5年経ってしまえば、自動車税の支払い義務が消えるのです。但し、義務が消えるだけであり、税金を払ったことになる訳ではありません。そして通常は、5年以内に前述した「差し押さえ」が執行されますので、時効で税金の支払いを逃げ切ることなどは、まずありえません。

人気ページ;下取りと買取、どちらが高く車を売れるか比較 カーシェアリングのサービスと料金の比較 合宿免許のメリットとデメリット 車検を安く済ませる方法

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.