初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 自動車の名義変更の方法

自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など)

自動車を誰かに贈与するとか、家族間で名義人を変更したい場合、名義変更の手続きが必要です。名義変更の方法は、行政書士に依頼するか、自分で行うかの二つがあります。行政書士の代行サービスは、面倒な手続きを代わりに行ってくれるので非常に楽ですが、2〜3万円程度の費用が必要になります。これを自分自身で行う場合は、費用は3千円程度に抑えることが出来ます。以下では、自分で名義変更を行う方法を解説します。

自動車の名義変更は、陸運支局で手続きを行いますが、陸運支局に出向く前に、まずは車を「譲渡する側」と「譲渡される側」の両方が、必要書類などを用意しておく必要があります。

自動車の譲渡証明書譲渡する人(元の名義人)が用意しなければならない書類が、「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」です。これら3つは、車を購入・運転する際に必要な書類ですので、車内もしくは自宅で保管されているはずです。

そして必要不可欠な書類が「譲渡証明書」です(右画像)。これは、車の所有権を譲り渡す意向を示した書類のことです。陸運局で購入できますが、インターネットでダウンロードする方法が、簡単ですし費用も無料です。

譲渡される人(新しい名義人)が用意しなければならない書類は「自動車保管場所証明書(車庫証明)」です。車庫証明は、車を駐車する場所を有していることを証明する書類で、警察署で申請することで入手出来ます(発行に2500円程度の費用がかかる)。注意すべき点として、車庫証明を発行するのは、車庫のある場所を管轄している警察署でなければなりません。例えば、自宅がA市にあり、車庫がB市にある場合は、B市を管轄する警察署で申請を行う必要があります。

両方の名義人が陸運局へ行けない場合は委任状も必要

そして、譲渡する人・される人、どちらも用意しておかなければならないものが、「実印」と「印鑑証明書」です。印鑑証明書は、登録された印鑑が本物であることを証明するための書類です。住民票のある市町村役場で申請します。

事前に準備しておくべきものは以上です。ただし、場合によっては「委任状」が必要になることもあります。委任状とは、名義変更を快諾する意思を示した書類のことです。名義変更は、本来は譲渡する人・される人が共に陸運支局に出向かなければならないですが、どちらかが都合で行けない場合は、委任状を用意しておく必要があります。陸運支局で購入するか、インターネットからダウンロード出来ます。

【まとめ】車の名義変更で事前準備が必要なもの
・元の名義人が用意する書類;自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書
・元の名義人が用意する書類;車庫証明書
・両者共に用意するもの;印鑑(実印)、印鑑証明
・両者どちらかで用意するもの;譲渡証明書、委任状

これらの書類等が準備出来たら、陸運局の支局へ行き、受付で「移転登録申請書」と「自動車税・自動車取得税申告書」を購入します。これらに必要事項を記入・捺印し、最後に500円の証紙を張れば、手続きは完了です。ちなみに上記は普通車の名義変更方法で、軽自動車の場合は、必要書類が若干少なくて済みます。

このように、自分で名義変更を行うには手間が掛かります。しかし行政書士に依頼しても、費用が掛かる上に結局は自分達で準備しなければならない書類も多いので、自力で行う方法をお勧めします。

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.