初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 新古車が流通する理由と価格の相場

新古車が流通する理由と価格の相場

新古車とは、ナンバー登録はされているが、一般客にに販売された事は無い、新品同然の状態の中古車の事です。新古車は、中古車販売店やカー用品店などでも販売され、時にはガソリンスタンドなどでも取り扱っている場合があります。

新古車が流通する理由はいくつかありますが、その一つが、自動車メーカーがディーラーに販売ノルマを課している事です。ノルマを達成する事でメーカーから奨励金が支払われるため、ディーラーは多少無理をしてでも自社登録を行って、販売台数を伸ばそうとするのです。

その他の理由として、新車が納車される前に事故にあった場合や、ディーラーの発注ミスなどが原因の新古車もあります。また、ショールームに展示されていた車が新古車として流通するケースもあります。

新古車は事実上の中古車ですので、新車と比べて価格が数万円〜十数万円程安くなるのが相場です。車種によりますが、30万円も50万円も安くなるという事は極めて希で、その場合は(試乗車などで)何度も乗られていて走行距離の長い、中古車同然の車である可能性が高いでしょう。また、新古車は本体価格だけでなく税金も安いです。例えば、自動車取得税は残価率によって軽減されますので、登録から購入までの期間がある新古車の場合は、それだけ安く済みます。他に、購入時の自動車重量税も必要ありません。自動車重量税は車検時に支払う税金ですが、新古車の場合は既に支払い済みになっているからです(次の車検時には必要となります)。

関連ページ;車検を安く済ませる方法 古すぎる車でも買取可能な理由

とはいえ、新古車が必ずしも安いとは限らない点には注意です。新車はディーラーと交渉する事である程度の値引きが期待出来ますが、新古車は最初から限界まで安い価格で提示されている場合が多く、そこから更に値引きしてもらえる可能性は低いのです。そのため、新古車は表示上の価格が安くても、実際には新車の相場価格(値引き後)とあまり値段に差が無いと場合もありえるのです。

そして、新古車には元々が試乗車だったものもあります。ディーラーがノルマ達成のために購入した新古車はほぼ新車のようなものですが、試乗車経由の新古車は何度も運転されています。走行距離が数百キロ以上になっている車などは、ほとんど中古車と変わらず、新品同然という新古車のメリットは失われています。新古車の購入は、その車の経緯をしっかりと聞いた上で新車の相場と比較し、価格に見合うのか判断すべきです。

自動車公正取引協議会では、新古車という表現が、誤解を招く恐れがあるという理由で、使用を禁じています。ですがこれはあくまで法律の縛りではなく自動車業界の自主規制なので、厳守されておらず、大々的に新古車の販売を謳っている業者も見受けられます。

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.