初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法

自動車ローンの金利を交渉で下げる方法

自動車を購入する際、かなり多くの人がローンを組んでいます。ローンは銀行などから融資してもらう方法もありますが、自動車の場合は、購入したディーラーでローンを組む方法が一般的です。

関連ページ;自動車ローンの金利比較 日本一低金利な自動車ローンは?

銀行ローンの金利は、平均で3%程度と低いですが、審査が厳しいです。非正規雇用の人など、収入が不安定な人には厳しいローンです。公務員や大企業のサラリーマンなどは収入が安定しているので、審査に通りやすいですが、金利引下げの交渉は難しいです。

その点、ディーラーローンは比較的審査に通りやすいうえに、金利を下げる交渉も可能です。審査基準が甘い理由は、ディーラーローンは、返済が完了するまでは自動車の名義がディーラーになるからです。ディーラーローンの金利は平均5〜8%程度で、銀行ローンに比べて高いというデメリットもありますが、交渉次第で金利を下げてもらえる可能性もあるのです。

もし返済が滞ってしまった場合でも、ディーラー側は、名義が自分達になっていれば車を差し押さえられますし、ユーザーに返済途中で車を売却される恐れもなくなるからです。

そもそも、ディーラーローンと言っても、実際にはディーラーが直接融資してくれるわけではありません。ディーラーは提携している信販会社との仲介役となり、間接的に購入者と契約を結ぶという形になります。その際、ディーラーは信販会社からバックマージン、いわゆる紹介手数料のようなものが支払われます。このバックマージン分が数パーセント上乗せされるため、ディーラーローンは銀行ローンよりも金利が高くなるのです。逆に言うと、この上乗せされた金利分は、ディーラーの裁量によって下げる余地があるという事です。

例えば、200万円の自動車をディーラーローンを利用して5年返済で購入する場合、金利が8%ならば、支払い合計額は243.3万円になります。これが交渉して金利を7%に下げてもらえたなら、支払い合計額は237.6万円となり、1%の金利ダウンよって5.7万円も安くなる事になります。自動車の購入時に、価格の交渉をする人は大勢見受けられますが、ローンの金利交渉が可能なことを知っている人は少ないと思われます。少しでも自動車を安く買おうと考えるならば、本体価格の値引き交渉を行うのはもちろんの事、ローン金利を下げる交渉もしてみるのが賢い方法なのです。

またディーラーローンは、同じ系列のディーラーであっても、金利が異なってくる場合があります。前述の通り、ディーラーローンの金利は、そのディーラーの裁量によって変わる可能性があるから、交渉に甘い所と厳しい所が出て来ます。交渉を続けてもあまり金利を下げてもらえない時は、同系列の別のディーラー(販売店)に行ってみるのも一つの方法です。

ローン金利の目安は2014年現在の平均的なケース。ローン金利は、日銀の金融政策(=景気の善し悪しやインフレ率など)によって変動し、今後は上昇していく事が予想されます。

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.