初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 購入と維持費 > 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い

車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い

自動車には様々なカラーバリエーションが存在します。しかし、特に好みやこだわりが無く、どの色の車を購入するか迷っている場合は、白・黒・シルバーなど、一般的に人気の高い色を選ぶ事をオススメします。何故なら、こうした人気色を選んで置いた方が、後々メリットが多いからです。

そのメリットの第一は、人気色の方が車の売却価格が高いことです。車を買い換える時に、出来るだけ買取(もしくは下取り)価格を高く売却したいところですが、黄緑やピンクといった奇抜な色だと、買取(下取り)価格はかなり安くなるというデメリットがあります。

関連ページ;買取査定で車を高く売る方法 車を高く下取りしてもらう方法

ディーラーや中古車販売業者は、別の客へ売るために車を引き取っているので、人気の無い色では、中々買い手がつきにくい事が理由です。その点、白・黒・シルバーといった老若男女問わずに人気の高い色の車は需要が高いので、高値での売却が期待出来るのです。

ですから、同じ車種であっても、色によって10万円以上も差が出るケースもあるのです。ただしフェラーリのように、イメージカラーが赤と決まっているような車の場合は、客も赤を好む傾向にありますので、そうした点も考慮して判断するの重要です。

他には、簡単な傷が自分で直しやすいというメリットもあります。車に付いた小さな傷ならば、タッチペンというカーペイント用品を使うことで、傷を目立たなくする事が出来ます。しかし、タッチペンは全ての色を網羅しているわけではなく、特にマイナー車種の特殊な色の車だと、適合する色が販売されていない場合も少なくありません。結果、小さな傷でも高い修理代を払って業者に依頼しなければならなくなるのです。

また、車は色によって事故に遭う確率が変わるというデータもあります。Eric P.Danger氏が1968年に発表した「Using Colour to Sell」という著書によると、事故にあった車の25%は青色だったとのことです。他に事故率が高い色として、緑の20%、灰色の17%が続きます。青や緑といった色は収縮色と呼ばれ、実際の大きさよりも小さく見えるという性質があります。そのため、周りの人が正確な距離を見誤ってしまう事が多いのです。また、灰色は目立たない色であり、特に暗闇では非常に認識し辛い事が、高い事故率に繋がっているのです。その点、シルバーは光が反射して目立つため、事故に遭いにくいと言われています。尚、赤や黄は膨張色なので事故率は低いというメリットがありますが、前述の通り、高値では売却しにくいというデメリットもあります。

といった具合に、どの色の車を購入するか決めかねている場合は、無難な白・黒・シルバーなどを選んでおくのが、失敗や問題が起きにくいベターな選択になります。

ちなみに白や黒は、雨の跡の水垢や泥はねなどの汚れが目立ちやすい色で、シルバーが最も汚れが目立ちにくい色になります。特に近年は、中国からの黄砂の影響が強くなっており、春先の雨の日には車が酷く汚れます。汚い車に乗るのが嫌な人は、白や黒よりもシルバーを選ぶのが良いでしょう。

関連ページ;ディーゼル車のメリットと欠点の比較

【購入と維持費メニュー】 ミニバンのメリット ミニバンのデメリット 新車購入時の必要なもの(書類・実印・手付金など) 車を高く下取りしてもらう方法 自動車ローンの金利を交渉で下げる方法 車は人気の色を選ぶ方がメリットが多い 新古車が流通する理由と価格の相場 車を安く買う交渉方法 
車庫証明を自分で取る方法と費用 車検を安く済ませる方法 車検時に交換になりやすいパーツと値段 自動車の名義変更の方法(必要書類や費用など) JAFに加入するメリット 12ヶ月点検とは?〜義務だが罰則はない 買取査定で車を高く売る方法 燃費の良くなる運転・9つのポイント 事故や水没した車を処分する方法
自動車に掛かる税金一覧 自動車税の車種毎の金額と納付方法 自動車取得税の金額と節約方法 自動車重量税の金額と支払い方法 自動車税を滞納したらどうなる 2014年以降の自動車税の変更内容 車の売却と自動車税の還付 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.