初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 自動車保険会社が倒産したらどうなる?

自動車保険会社が倒産したらどうなる?

あまり考えたくはありませんが、自分が加入している自動車保険会社が倒産(経営破綻)してしまう可能性はゼロではありません。もし、自動車保険会社が倒産してしまったら、その後の事故の補償はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、契約者の利益(=保険)は、損害保険契約者保護機構が補償してくれる事になっています。つまり事故を起こした時に、契約する保険会社が倒産しても、保険金は貰えるのです。

損害保険契約者保護機構とは、保険業法に基づいて主務大臣の認可を受けて設立された、契約者の利益を守るための組織です。日本で営業する全ての自動車保険会社が加入しています。

ただし、注意しなければならないのが、損害保険契約者保護機構が保険金を100%補償してくれるのは、保険会社が倒産してから3ヶ月間だけという点です。3ヶ月以内に、破綻した保険会社の救済に名乗りを上げた会社がいた場合は、その会社がこれまでの補償を引き継ぐ事になります。

しかし、3ヶ月で救済してくれる会社が見つからなかった時は、損害保険契約者保護機構が引き継ぐのですが、この場合は、補償は80%までしか受けられません。必然的に、残りの20%分は自己負担しなければならないのです。

自動車事故を起こしてしまった場合の損害賠償額は、1億円以上にもなる可能性があります。こうした莫大な賠償金は、自動車保険に入っていなければとても支払えるものではありません。その補償額が20%も減ってしまうというのは、非常に大きなリスクです。ですから、自分の契約する自動車保険会社が経営破綻してしまった場合は、速やかに新たな保険会社と契約を結ぶ事が重要なのです。尚、解約返戻金や満期返戻金は、3ヶ月以内であっても80%しか受けとれません。

自動車保険会社の倒産によるリスクを回避するために、会社のソルベンシー・マージン比率を把握しておくのが一つの目安です。ソルベンシー・マージン比率とは、保険会社の財務健全性の指標の一つで、通常の予測を超えて発生したリスクに対応する余力を示した数字の事です。一般的に、この数字が200%を超えていれば、その保険会社が充分な支払い能力を有していると判断されます。ソルベンシー・マージン比率は、インターネットで簡単に調べる事が出来ますので、自動車保険会社を選ぶ際は、この数字も加味して判断すると良いでしょう。

関連ページ;自動車保険料を安くする7つの方法

とはいえ、過去にはソルベンシー・マージン比率が200%を超えていたのに破綻してしまった会社も存在し、指標の信頼性を疑問視する声も少なくありません。どんな大きな会社でも、倒産するリスクはゼロではありません。前述したように、倒産したら素早く他の保険会社に乗り換えることが、最大にして唯一確実な自衛策だといえます。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.