初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 等級の有効期限

自動車保険の等級の有効期限

自動車保険には、保険料の基準を決定する等級制度(正式名称:ノンフリート等級別料率制度)という仕組みがあります。等級は1〜20までの20段階あり、等級が上がる程、保険料は安くなります。最初はみんな6等級から始まり、1年間事故を起こさない(保険を使用しない)と、等級が1つ上がります。逆に、事故を起こしてしまった(保険を使用した)場合には、一気に3等級も下がってしまいます。つまり、事故を起こさない優良ドライバーの保険料は安くなり、頻繁に事故を起こす未熟なドライバーの保険料は高くなるという、非常に理に適ったシステムなのです。

関連ページ;自動車保険の等級制度と割引率の一覧表 自動車保険の等級ダウンのルール

自動車保険は、基本的に1年毎の更新になります。即ち、等級には有効期限があり、満期日から7日以内に次の更新を行わないと、これまでの等級がリセットされ、次に契約した時はまた6等級からのスタートになってしまうのです。長年積み重ねてきた等級が有効期限切れで消えてしまうと一気に保険料が高くなるので、更新は絶対に忘れないように心がけたいものです。ただし、更新前の等級が1〜5までだった場合は、再契約時に以前の等級を引き継いだままになります。等級を上げたいが為に、わざと更新を止めるといったズルは出来ないのです。また、等級制度は日本で運営されている全ての自動車保険会社で共有されているので、保険会社を変更して等級をリセットすることもできません。

しかし、引越しや海外出張といった環境の変化で、長期間車に乗らなくなる、といったケースも考えられます。等級は維持しておきたくても、乗らない間も保険を更新し続けるのはもったいないです。そんな人の為に、自動車保険には中断制度が設けられています。中断手続きを行っておけば、その間は保険料を支払わなくても、等級制度をキープしていられるのです。中断には、車を長期間手放す場合の「国内中断」と、海外渡航による「海外中断」がありますが、どちらも有効期限の保持は最長10年となっています。また、保険会社によっては、妊婦に適用される「妊娠中断」もありますが、こちらの有効期限は概ね3年以内です。

車に乗らないなら「中断手続き」で有効期限を延長できる

自動車保険を中断するには、保険会社から中断証明書を発行してもらわなければなりません。国内中断と海外中断では、若干その条件が違います。まず、どちらの場合でも、以下の二つの条件をクリアしている必要があります。

中断日の翌日から13か月以内に中断証明書の発行を申請する事。
中断時(厳密には次の更新時)が7等級以上である事。

その上で、国内中断を行うには、保険を継続しない理由が以下のいずれかである事が条件です。

・車検切れになった
・車を廃車もしくは譲渡した
・車が盗難や災害によって失われてしまった

また、海外中断の条件としては、保険の満期日から6ヶ月以内に海外渡航する事です。

尚、再契約の手続きは、中断した日の翌日から10年以内で、新規車両を取得した翌日から1年以内、もしくは帰国から1年以内、となっています。発行してもらった中断証明書を、再契約時に提出する事で、等級を引き継ぐ事が出来るのです。この期間に手続きしなければ「有効期限切れ」になります。

ただし、有効期限保持の条件や手続き方法は、保険会社によって違う可能性がありますので、詳細はご自身が契約している保険会社で必ずご確認下さい。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.