初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは、運転者(契約者)自身を補償する、自動車の任意保険の1項目です。

人身事故を補償する保険としては、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険や、任意保険の対人賠償責任保険があります。しかし、これらの補償はあくまで他人に限られており、車の所有者や運転者自身、または同乗者については、補償の対象外です。運転者自身、または同乗者を補償するには、任意保険に搭乗者傷害保険(もしくは人身傷害補償保険)を追加しておく必要があるのです。

搭乗者傷害保険の支払方法には、二つの種類があります。一つは、入院や通院の日数に応じて支払う「日数払い」。もう一つは、ケガの部位や症状に応じて支払う「部位症状別払い」です。

日数払いとは、入院1日につき補償金額の0.15%(ただし上限15000円)、通院では0.1%(上限10000円)が支払われるというタイプです。ですから、大きなケガの場合にも、手厚い補償が期待できると言えるでしょう。しかし、入院や通院の全日数分が支払われるわけではなく、日常生活や通常の仕事に「支障をきたさない程度に回復するまでの期間」が対象となります。これは、非常に曖昧な判断基準なので、保険会社とトラブルになりやすい原因でもあります。

部位症状別払いとは、補償のトータル金額が部位毎に決まっている、というタイプです。例えば、手足の打撲なら5万円、頭部骨折なら50万円、臓器破裂なら80万円、といった具合です。そして部位症状別払いでは、入院・通院日数がどれだけ長引いても、決められた金額以上が支払われることはありません。長期的な治療が必要な怪我の場合、補償は不十分かもしれません。

日数払い、部位症状別払い、どちらが有利か?

日数払い、部位症状別払い、どちらにも一長一短があり、どちらが良いのか一概には言えません。また、保険会社によっても条件の有利不利は変わってきますので、事前に契約内容をしっかりと分析してから、加入の判断することが重要です。

一般的に言うと、支払う保険料は後述の「部位症状別払い」の方が、前述の「日数払い」に比べて、若干安いことが多いです(保険会社によって異なる)。

ちなみに、飲酒運転や薬物運転、または窓から体を出す「ハコ乗り」など、違法な(もしくは常識的に考えて不適切な)運転をしていた場合の被害は、補償の対象外とされます。これは、搭乗者傷害保険に限らず、あらゆる保険でも同じです。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.