初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 対物賠償保険

対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは、自動車の任意保険の1項目で、交通事故などで他人の財産に損害を与えてしまった時のための補償です。他人の財産とは、車はもちろんのこと、民家やお店などの建築物や、電柱やガードレールといった公共物も含まれます。また、壊れた物そのものだけでなく、それに伴った間接的な損害も補償の対象となります。

間接的な損害とは、例えば車がお店に突っ込んでしまった場合。そのお店が一時的に営業できなくなるので、お店の修理費だけでなく、休業期間中に得るはずだったお店の売上げなども、補償を求められるからです。

車の全所有者に加入が義務付けられている自賠責保険では、物に対する補償は一切ありませんので、対物賠償保険に入っておくことは非常に重要です。それ故に、任意保険に加入する際は、対物賠償保険に必ず入らされることになっています。

関連ページ;自賠責保険と任意保険の違い 自動車保険料を安くする7つの方法

対物賠償保険では、契約内容によって「1000万円」「5000万円」「無制限」といった具合に、補償金額が変わります。当然ながら、補償金額が多い程、保険料も高くなります。人身事故では、被害額が1億円を超えるような場合も少なくありませんが、物損事故では、被害額はそれ程大きくはならないことが多いです。そのため、対物賠償保険は1000万円で契約している人も少なくないようです。

しかし、前述のようにお店を壊してしまったような場合は、そのお店が休業中に得られるはずだった売上げまで、損害賠償請求されます。一日に何百万円も売上があるような店だと、賠償金額が膨大になってしまう可能性もあるため、1000万円では不充分と言えるかもしれません。また、車同士の事故とは違い、お店への被害は100%運転者側に責任があることも、賠償が高額になってしまう理由です。物損事故の多くは小額被害で済むとはいえ、万が一のことを考えると、対物賠償保険は無制限で契約しておくべきでしょう。

なお、対物賠償保険はあくまで他人の物を補償する保険であり、自分や家族の所有物は対象となりません。自分の車を補償したい場合は、車両保険という別の任意保険に加入しておく必要があります。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.