初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険とは?必要なのか?

人身傷害補償保険とは、自動車の任意保険の項目(特約)の一つ。保険契約している車の搭乗者のケガや死亡などを補償してくれるもので、1998年から開始された比較的新しい任意保険です。少し特殊な保険なので、そのメリットと、加入の必要性があるのかどうかを解説します。

人身傷害補償保険のメリットとしては、契約した保険金の範囲内で、治療費や慰謝料などを全額補償してもらえることが挙げられます(実損払い)。他の保険項目では、自身の過失具合やケガの治療日数によって、補償金額が変わってきます。

例えば、対人賠償保険の場合、自身の過失が100%で相手が0%だとすると、相手の対人賠償保険からは1円たりとも保険金を受け取ることは出来ません。このような場合でも、人身傷害補償保険ならば、治療費を全額受け取れます。また損害額が確定すれば、相手との示談が成立する前にお金を受け取れることもメリットです。

関連ページ;対人賠償保険とは? 搭乗者傷害保険とは? 自動車保険料を安くする7つの方法

また、人身傷害補償保険と似た存在として、搭乗者傷害保険というものがあります。搭乗者傷害保険も、車の搭乗者を補償してくれる保険なのですが、人身傷害補償保険の方が対象範囲が広いです。搭乗者傷害保険は『契約した車に乗っている場合のみ』が対象ですし、補償金額も決まっています(定額払い)。しかし、人身傷害補償保険では、契約者(その家族も含む)が契約車以外の車に乗っていた場合も、補償の対象となります。そして上記の通り、掛かった治療費は全額が補償されます。更には、車に搭乗していない歩行中や自転車に乗っている場合の事故でも、補償が受けられるのです。

つまり、人身傷害補償保険は、車に掛けられた保険というよりも、契約者自身に掛かった保険と思えば分かりやすいでしょう。自動車保険と言うより、医療保険の一種とも考えられます。

自動車保険はメリット重視で加入すべき

このように、人身傷害補償保険は非常に手厚い補償が受けられることが、大きなメリットです。ただしその分、保険料もかなり高額というデメリットもあります。人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、ある程度内容が重複しているため「両方加入する必要は無い」という意見もあります。少しでも保険料を安く済ませたい場合には搭乗者傷害保険、充実した補償を受けたい場合には人身傷害補償保険、といった選択をするのも、確かに一考ではあります。

関連ページ;自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がる?

しかし、筆者自身は人身傷害保険を最大額(搭乗者一人につき1億円補償)で加入しています。確かに支払う料金はとても高いですが、そもそも自動車保険というのは「万が一の事故」に備えるものですから、その必要性を感じています。人身傷害保険をケチっていると、もし重い障害を負ってしまった場合、お金が無くなって人生が破綻してしまうからです。

生命保険やガン保険などの特約には無駄が非常に多いと思いますが、自動車保険の補償特約はケチってはいけないと思います。車に乗る以上、不慮の事故に巻き込まれるリスクは消えないので、特約のメリットは全て盛り込むのが理想です。その分、ネットで安い保険会社を探せば良いでしょう。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.