初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 事故を起こした時にやること

事故を起こした時にドライバーがやることまとめ

車を運転している限り、常に事故とは隣り合わせです。どれだけ自分が注意して運転していたとしても、事故に巻き込まれてしまう可能性はゼロではありません。では、交通事故を起こしてしまった場合には、どういった対応が必要か?事故時にやることをまとめました。

関連ページ;交通事故を起こした時、起訴の有無や裁判になるか否かの判断基準

交通事故時にやること
1.負傷者が居るならその救護
2.事故現場の安全確保
3.警察への連絡
4.自動車保険会社への連絡
5.相手方の連絡先をメモする
6.後日、自動車安全運転センターで交通事故証明書を貰う(保険会社への請求で必要)

人身事故が起きた際に、最優先すべき行動は、当たり前ですが負傷者の救護です。負傷者が出てしまった場合は、すぐに救急車を呼びましょう。そして、救急車が到着するまでに、出来る限りの救護活動を行うことが義務です。負傷者が出血している場合は、布やガーゼなどを用いてしっかりと止血し、呼吸していない場合は、人工呼吸や心臓マッサージを行って蘇生を試みる必要があります。事故を起こしてしまった時は、焦って冷静な判断が出来なくなってしまうかもしれませんが、落ち着いて適切な処置をする事で、負傷者の命を救える可能性はぐっと高くなります。

次に、現場の安全確保にも努める義務もあります。交通事故の現場で、更に後続の車が巻き込まれ、二次・三次災害が起こってしまう事は避けなければなりません。ですから、事故が発生した事を周囲に知らせるために、三角停止板を設置したり、発炎筒を焚くなどといった対応が必要です。

負傷者の救護や安全確保が完了したら、次にやることは警察に電話連絡します。たとえ、負傷者もおらず、被害が軽微である事が明らかであった場合でも、必ず警察へ連絡を行う必要があります。事故を起こした際の警察への連絡は、道路交通法72条1項によって定められている義務なのです。相手の方から警察に連絡しないでほしいと頼まれる場合もあるかもしれませんが、こうしたお願いを受け入れてはいけません。法律違反になります。そして、警察が到着するまで、現場を保全しておく事も重要です。事故の原因や過失具合などは、後に警察が現場検証を行った上で判断しますので、現場は出来るだけそのままにしておかなければならないのです。ただし、事故を起こした車がそのままだと、他の車の通行の妨げになるような場合は、その限りではありません。可能であるならば、現場の状況を写真に収めておくと良いでしょう。

関連ページ;事故や水没した車を処分する方法

自動車保険会社への連絡について

他に、自動車保険会社への連絡も忘れてはなりません。保険会社に報告しなかった場合は、その事故での保険金は支払われなくなってしまいます。保険会社の人が直接事故現場へ来て対応してくれるわけではないので、焦って連絡する必要はありませんが、保険に付帯しているロードサービスは事故に対応してくれますので、早めに連絡しておくのが無難でしょう。

ちなみに自動車購入時にディーラーの勧める自動車保険に入った場合、ディーラーの営業マンが「事故ったら夜中でも構わないから、まず自分に連絡を下さい」といってくれる可能性が高いです。上記のように、事故時にはやることが沢山ありますので、気が動転しているドライバー1人では、処理しきれない事が多いからです。ディーラーの営業マンが電話先で次に何が必要か指示してくれますし、保険会社への対応も行ってくれます。ディーラーの勧める自動車保険は、総じてネット通販型の保険よりも割高ですが、いざという時にディーラーの営業マンの補助が得られるメリットがあるのです。

尚、保険会社へ請求する際には、警察に事故を届け出た後、各都道府県の自動車安全運転センターに発行してもらう「交通事故証明書」が必要となります。

また、相手の名前や住所、電話番号なども聞いて、後に連絡がつくようにしておく事も重要です。目撃者がいる場合は、その人達からも連絡先を聞いておく事が望ましいです。事故が起きた際、その場ですぐに相手と金銭的な相談をしてしまう人もいるようですが、これは厳禁です。事故直後では、過失の割合がどの程度か定かではありませんし、その場では目立ったケガがなくても、しばらくしてから後遺症が出てしまうといったケースも考えられるからです。事故後の対応は、必ず保険会社と良く話し合ってから決定する必要があります。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.