初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の違い

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種があります。両者には、加入義務や補償内容などに違いがあるので、それをまとめてみます。

  自賠責保険 任意保険
加入義務 ナンバープレートの付いた全ての車に加入義務がある 加入義務はない
車の所有者が任意で加入する
保険料の支払い時期 車検時にまとめて支払う
自賠責保険はいつ支払うのか?
毎月、若しくは1年分まとめて支払う
補償の範囲 人に対する補償のみ 人や物にくわえて、自分自身やその車も対象にできる
補償金額 上限あり(最大4000万円) 上限なし
相手との示談交渉 ドライバー本人が行う 保険会社に代行して貰う契約もある

自賠責保険は、自動車購入時に強制的に加入が義務付けられている自動車保険です。補償は人身事故に限られており、自損事故や物損事故は対象ではありません。そして、支払限度額は法律で決められており、傷害の場合は120万円、後遺障害(最も重い1級)の場合は4000万円、死亡の場合は3000万円、となっています。相手を死なせてしまった場合よりも、重い後遺症を与えてしまった場合の方が、補償金額が大きいという点は注意です。実際の損害賠償額も、重度の障害を負わせた場合が、最も大きくなるケースが多いからです。

一方の任意保険は、その名の通り、車を所有する人が任意で加入する保険です(加入義務が無い)。任意保険には、大きく分けて以下の7種類の特約があります。相手にケガをさせたり、物を壊してしまった時のための「対人賠償保険」や「対物賠償保険」。自分や同乗者が入院したり、死亡してしまった時のための「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」「自損事故保険」「無保険者傷害保険」。自分の車が破損してしまった時のための「車両保険」です。

関連ページ;自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がる?

自賠責保険では、人身事故の補償しかされないため、その他の自損事故や物損事故などの補償をしてもらうには、対物賠償保険などの任意保険に加入する必要があります。また、自賠責保険の補償額は最低限に留められていますので、事故の補償には全然足りないという場合も少なくありません。その不足分を補うためにも、対人賠償保険などの任意保険に加入しておくことが望ましいのです。

自賠責保険の注意点

自賠責保険の保険料は、車検の時に併せて支払います。車検は、新車購入後は3年、それ以後は2年ごとに行いますので、自賠責保険の支払いも2年or3年分をまとめて支払う事になります。

関連ページ;ユーザー車検とディーラー車検の比較

自賠責保険は強制加入の保険ですが、車検切れによって、保険に一時的に未加入状態が生じる事もありえるので、注意が必要です。自賠責未加入の車を運転した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金と、違反点数6点(免許停止処分)が課せられることになります。

もう一つ注意すべき点として、自賠責保険では任意保険と違い、示談代行制度(保険会社が加害者の代わりに示談交渉する)が無いことが挙げられます。ですから、素人では難しいはずの示談交渉も、自分自身で行う必要があるのです。

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.