初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 自動車保険 > 自賠責保険は何処に請求するのか?

自賠責保険は何処に請求するのか?

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、車やバイクの運転者に対して、法律で加入が義務付けられている強制保険で、人身事故による被害者を保護するための制度です。運転者自身のケガや物損事故については対象外です。自賠責保険に未加入の状態で運転していた場合は「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」及び「違反点数6点」(免許停止処分)という、非常に重い罰則が科せられてしまいます。

関連ページ;自賠責保険はいつ支払うのか? 免停になる条件〜違反行為と点数

では、自賠責保険は何処に請求すれば良いのでしょう?自賠責保険には「加害者請求」と「被害者請求」の二種類があります。基本的には、加害者請求なら自分が自賠責保険に加入している保険会社、被害者請求の場合は、加害者が自賠責保険加入している保険会社に請求するのが望ましいです。

しかし実は自賠責の保険金請求は、何処の保険会社へ申請しても構わないのです。

加害者請求とは、加害者が被害者に賠償金を支払い、その後支払った分の金額を、加害者が自賠責保険会社に請求する事を指します。ただし、補償される金額は、死亡時は3000万円、後遺障害は4000万円、傷害は120万円が上限となっています。意外と補償額が少ないと感じられるかもしれませんが、自賠責保険はあくまで最低限の救済でしかなく、それ以上の補償を望む場合は、別途任意保険に加入して賄う必要があるのです。

被害者請求とは、被害者が加害者の自賠責保険会社に損害を請求する事です。この制度がある事によって、加害者が被害者に対して賠償金を支払わない(支払えない)ような場合でも、被害者が泣き寝入りしなくて済むのです。尚、補償される金額の上限は、加害者請求の場合と同じです。

自賠責保険を運用する会社

自賠責保険は、法律で義務付けられているという事で、国が運営している制度かと思われるかもしれませんが、実は日本損害保険協会という民間の組織が運営しています。日本損害保険協会とは、損害保険会社が共同で運営する業界団体で、いわば保険会社の組合のような存在です。つまり、全ての自動車保険会社は日本損害保険協会との繋がりがあるので、どの会社に保険金を請求しても構わないという事です。

ちなみに、自賠責保険の保険料は、保険会社やその人の事故暦などに関わらず、全ての人が同じ額を支払う仕組みになっています。また、保険会社は自賠責保険によって利益も損も出ないように、保険料で調整する事が法律で決まっています。何故ならば、自賠責保険は被害者の救済を目的として設けられている社会保障制度だからです。

関連ページ;自動車保険料を安くする7つの方法

【自動車保険の選び方メニュー】自動車保険料を安くする7つの方法 自動車保険の等級 自動車保険の等級ダウンのルール 等級を家族で引き継ぐ方法 等級の有効期限 自賠責と任意保険の違い 自賠責保険はいつ支払う? 保険の種類(対物賠償保険 対人賠償保険 搭乗者傷害保険 人身傷害補償保険 車両保険) 自動車保険に加入している割合 交通事故の過失割合の決まり方 交通事故の被害者になった時の示談交渉の手順 車両保険への加入は必要か? 自賠責保険しか使わない場合、任意保険の等級は下がるか? 自賠責保険は何処に請求するのか? 免責額の変更で自動車保険料は安くなる 事故を起こした時にやること 自動車保険会社が倒産したらどうなる? 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.