初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 比較 > ユーザー車検とディーラーの車検の比較

ユーザー車検とディーラー車検の比較

車検は、新車の購入から3年後、それ以降は2年毎に受けることを義務付けられた、自動車の検査制度のことです。一般的な車検は、その車を購入したメーカーの販売店に依頼する、いわゆるディーラー車検というものです。しかし、車検を受ける方法は正規のディーラーだけでなく、車の所有者自身が陸運局で検査を行う、ユーザー車検という方法も存在します(他にも、ガソリンスタンドやオートバックスなどに任せる、簡易ユーザー車検もあります)。

この二つの車検は、検査の方法や掛かる料金が異なるので、比較してみます。

まず車検には、必ず法定費用がかかります。法定費用とは「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代金」の三つから成り立っており、この金額はユーザー車検もそれ以外の方法でも、どちらも同じです。例えば、重量1500kg以下の非エコカーの普通自動車だと、重量税が24600円、自賠責保険が27840円、印紙代が1800円で、法定費用は54240円になります(2013年時点)。

ディーラー車検の場合は、この法定費用に加えて、点検・整備費用がかかります。車に特に問題が無かった場合でも、だいたい4万円程度の点検費がかかりますが、何らかの部品を交換する必要があった場合は、更に数万円の料金が必要になります。

購入後10年以上経つ自動車などは、タイヤも摩耗しきっており、またエンジン周りのオイルや部品など様々な交換が必要になって、30万円以上の料金が掛かってしまう場合もあります。

つまりディーラー車検では、法定費用と点検費用を合わせれば、最低でも10万円程度は必要になります。また、数日間車を預ける必要がある点も、デメリットです。その間、ディーラーの方で代車を用意してくれますが、多くの場合はワンランク下の車種が貸し出されます。

但しディーラー車検は、他の制度と比較して料金は高額ですが、点検はしっかりと丁寧に行ってくれます。車検の検査項目以外の部分までチェックしてくれますし、タイヤやオイルなどの交換もメーカー純正品を使ってくれますので、安心して車に乗り続けられるのがメリットです。何より、面倒な検査を全て代行してくれるのは、非常に助かります。

近年の車は性能が良いので、大きなトラブルは起こりにくくなってはいます。とはいえ、車の不具合は命に関わる危険性がありますから、多少お金がかかっても、安心感が得られるのは重要です。このメリットを比較すれば、費用に見合った価値はあるでしょう。

ユーザー車検のメリット

それに対し、ユーザー車検の場合は、法定費用以外にお金はかからないので、ディーラー車検と比較して、かなり料金は安く済ませられます(無論、問題のあるパーツは交換費用が必要です)。ユーザー車検では、全国にある陸運局(運輸局)に、持ち主自ら自動車を持ち込みます。軽自動車の場合は、陸運局ではなく軽自動車検査協会という場所に持ち込み、車検を行います。

検査方法は、立ち会いの検査官が指示してくれますので、車の知識があまり無くても問題なく行えます。検査で問題が無ければ、わずか一時間程度で終わるスピードの速さも、ユーザー車検のメリットです。ただ、やはり自分自身で検査を行わなければならないのは面倒ですし、ディーラー車検と比べると、細かな部分のチェックまでは手が回りにくい問題もあります。オイル交換などはついケチられがちですが、下手な節約は故障を招きやすくなり、結局は高く付く場合も・・・。

なお、自動車修理工場やガソリンスタンドなどで車検を受けた場合は、法定費用に加えて、2万円以上の点検・整備費用が必要となります。点検にかかる料金を比較すると、だいたいディーラー車検とユーザー車検の中間ぐらいになります。

ユーザー車検と他の車検の比較表(重量1.5トン以下の非エコカーの普通車)
  ディーラー車検 ホリデー車検 などの代行業者 ユーザー車検
法定費用 54240円 54240円 54240円
点検費用 4万円程度から 2万円程度から なし
掛かる時間 数日、車を預ける 1日以内 最短1時間
本人の作業 不要 書類を書く程度 点検も全て自分で行う

このように、ディーラー車検とユーザー車検を比較すると、互いにメリット・デメリットがあり、どちらが良いとは一概には言えません。

関連ページ;車検を安く済ませる方法

あえて結論を出すなら、中古車の場合はディーラーに持ち込むメリットがないので、ユーザー車検で安く済ませるのがベストです。しかし新車の場合、購入した販売店との付き合いが深いと何かと便利なので、ディーラー車検でも良いでしょう。実際に筆者も、車検はディーラー任せにしています。

豆知識;車検に通っていない車を運転すると、違反点数6点(即刻免停)という重い罰則が課せられます。詳しくは免停になる条件〜違反行為と点数にて。

【比較メニュー】 ユーザー車検とディーラー車検の比較 JAFとその他ロードサービスとの比較 自動車ローンの金利比較 ハイブリッドカーが元を取るための走行距離は?通常タイプの価格と燃費の比較 新車購入とレンタカーではどちらが安い?費用比較 カーシェアリング大手4社のサービスと料金の比較 外車(輸入車)のデメリット 国産車との比較 軽自動車とコンパクトカーの違い比較 車を売るのは下取りと買取、どちらが高く売れるか比較 ディーゼル車のメリットと欠点の比較 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.