初心者の自動車選び大辞典
購入と維持費 自動車保険 運転免許 交通ルール 比較 ランキング その他

HOME > 比較 > 下取りと買取、どちらが高く売れるか比較

車を売るのは下取りと買取、どちらが高く売れるか比較

車の売却には「下取り」と「買取」の二つの方法があります。下取りとは、新しく車を購入する際に、そのディーラーに以前の車を売る事です。買取は、新たに車を購入するかどうかは関係無く、それまで乗っていた車を中古車販売業者に売る事です。折角車を手放すのですから、出来るだけ高い価格で売りたい所ですが、では下取りと買取は、どちらの方がお得なのかを比較してみます。

当サイトでは、買取を選ぶ事をオススメします。車のメーカーや年式などによって差はありますが、下取りと買取を比べると、多くの場合、買取の方が高く売れる可能性が高いからです。車種や時期によって差はありますが、買取の方が10万円以上高く売れる事もしょっちゅうあります。

下取りは、新車を買いに行ったディーラーの元で売却の手続きも出来るという手軽さ、新車の契約から納車まで古い車に乗り続けられる、といった利点がありますが、売却価格は安いです。一見高く下取りしてもらえたように思えても、実際は新車購入の値引き額がその分少なくされていた、というケースもよくあります。

それに対して買取の場合、複数の業者の見積りを比較し、最も買取価格の高いところを選べるという大きなメリットがあります。車を買い換える時に、ディーラーで購入、買取業者で売却、と手続きが二重に必要だったり、すぐに車を手放さなければならない、といったデメリットもあります。しかし、より高く車を売れるメリットの方が重要ではないでしょうか?

関連ページ;古すぎる車でも買取可能な理由

中古車の販売価格に定額はありません。その時その時の需要と供給によって、価格は大きく変動します。ですから、車を少しでも高く売りたいならば、複数の買取業者から見積もりをとって比較する事が重要なのです。それと比べて、下取りは対象が新車を購入するディーラーに限定され、ほぼ向こうの言い値で決まってしまうので、高く売る為には有利とは言えない方法なのです。

ディーラーの本業は新車の販売であり、下取りはあくまでサービスの一環でしかありません。その点、中古車販売店は、車を買取ってそれを販売して利益を得ているのですから、買取は本業です。このスタンスの違いが、下取りと比べて買取の方が高く売れやすい大きな理由です。

といった具合に、買取のメリットがおわかりいただけたと思います。とはいえ、実際にいくつもの店舗を回って、買取価格を比較するのは面倒でしょう。そんな人のために、当サイトでオススメしたいのがインターネットによる一括査定です。一括査定サイトとは、車の買取金額の査定を、複数の買取業者へ一括依頼し、見積りを比較出来るサイトです。例えばズバット車買取比較というサイトでは、いくつかの簡単な項目を入力するだけで査定見積りが出来ます。作業はわずか数分で完了しますし、見積もりを貰うのも無料です。

くり返しになりますが、車を高く売るには、複数の業者を比較する事は必須です。同じ車を売る場合でも、業者によっては、10万円や20万円、あるいはそれ以上もの価格差が出る事もあります!一般の会社員が10万円余計に稼ごうと思ったら、一体何時間の残業が必要でしょうか?少しの手間で10万円も得するのであれば、ズバット車買取比較の一括見積りサービスを利用するのが賢い選択ですね。

車を高く売る方法
ほとんどのケースで下取りよりも買取の方が高く売れる
買取も業者によって10〜20万円価格が変わることはざらにある
ゆえにネットの買取価格比較サイトを使って見積りを取るのがベストな方法

【比較メニュー】 ユーザー車検とディーラー車検の比較 JAFとその他ロードサービスとの比較 自動車ローンの金利比較 ハイブリッドカーが元を取るための走行距離は?通常タイプの価格と燃費の比較 新車購入とレンタカーではどちらが安い?費用比較 カーシェアリング大手4社のサービスと料金の比較 外車(輸入車)のデメリット 国産車との比較 軽自動車とコンパクトカーの違い比較 車を売るのは下取りと買取、どちらが高く売れるか比較 ディーゼル車のメリットと欠点の比較 
当サイトご利用に関する注意点    初心者の自動車選び大辞典TOPへ戻る 
Copyright (C) 2014 car-begginer.com All Rights Reserved.